じじいみたいなぶろぐ 見た映画 忍者ブログ
じじいぶろぐですじゃ。よろしくでごじゃります。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

1993年公開、クリント・イーストウッド監督、ケビン・コスナー主演。

脱獄犯が成り行き上のトラブルで人質をとることに、人質は幼い少年。
この脱獄犯と幼い少年との心のふれあい・奇妙な関係で物語が進む。
脱獄犯のケビン・コスナーが、さまざまな場面で”普通の犯罪者”では無い事を見せてくれたり、またはその逆でカッとなって行動を起こしたりと、見せ方としては非常に人間臭い感じがとても印象に残りました。

そして物語は終盤で、脱獄犯と幼い少年のコンビは”あるところ”を目指していましたが、警察に包囲されてしまいます。そして・・・


ほんわかいい気分にさしてくれる。そんな映でした。




PR
Template by Crow's nest 忍者ブログ [PR]