じじいみたいなぶろぐ 未選択 忍者ブログ
じじいぶろぐですじゃ。よろしくでごじゃります。
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

パチスロとはパチンコ屋に置いてある、スロットマシンの事です。カジノとかにある物とは別物でメダルを入れてレバーを押すとリールが回り、プレイヤー自身でリールを停止させて成立した子役・特定子役でメダルを増やす物です。

今の時代はパチスロ冬の時代とも言われていますが、その大きな理由としては4号機と呼ばれる業界の形式に則った規格の物があまりにもゲーム性(ギャンブル性)が大きくなり、色々な問題が起きてしまって、それを無くす為にギャンブル性の低い5号機という規格が出てしばらくですが・・・

この4号機の時代に私もハマッていまして、アステカから入りそれからずっとです。いろんな世代を言われますが、個人的な意見としては”クラコン世代”、”大花火世代”、”獣王世代”、”北斗・吉宗世代”に分類出来るのではないでしょうか?

まぁ歯車が狂い始めたのは獣王世代なのでは無いでしょうか?いやいやゴッドじゃないか?それこそB-MAXじゃねえのか?いやそれを言ったら技術介入機が入りだした頃じゃないのか?って言われそうですが、そこは人それぞれですのでなんともいえません。

とりわけ4号機後期になると、設定(高低があり高いほどメダルが獲得しやすお)よりも、運・不運に大きく左右されやすいっぽい感じがしたので、簡単に言えば低設定でも出るときゃ出るし、高設定でも上手く行かないと期待した結果にはなりにくい模様でした。

そんな物だったので、設定が低い状態でも夢を見て賭ける事ができましたが、機種によっては、ボーナスが得られやすい状態を拾えばなんとか遊べていました。結果、経営側としては、無理して高設定を入れなくてもお客さんは付いてきた。むしろ私は付いていってました。

そんなわけで5号機時代に突入したのは良いが、今までと違って来たのは高設定は明らかに出たが低設定は明らかに出ない。そんな状態。高設定をつかんだ者が粘れば勝てるし、取れなかった者は勝てないので、店の中でも高設定台は座っているが低設定は全然座っていない状態。正統派4号機Aタイプ(今の5号機とほぼゲーム性は同じ)の時代もあったのに「どうして店側は設定の使い分けが出来なくなってしまったのか?」と思ってしまいがちですが、この5号機というのがやっかいなルールなので素人には理解できないが、中間ぐらいの設定では”ほぼ”勝ちそうな気分がしないから、”見た目低設定に見えているだけ”かもしれませ。もちろん最高設定なら”ちゃんと出ます”と私は思っていますが店を経営した事が無いので、実際はどうか分かりませんけど・・・

そこで「ぼくの考えた最高のパチスロマシン」ですが・・・
PR
生きていけばいい。
今はそんな時代でもありませんし、人は動物では無いので、生きていればいいなんて野蛮なことは言わないことがいいらしいですが・・・

いや、でも考えてみれば、食べる事と住むところと着る物さえあれば人は快適にくらせるのではないだろうか?
じゃあなぜ、いまより快適に暮らそうとするのでしょうか。
長生きはしたい、いろんなところへ行きたい、やりがいのある仕事がしたい、いまよりもっともっと贅沢した暮らしをしたい。

なんでだろう。なんでだろう。
今の生活で生きていくのに不必要な物をそぎ落としていけば、無駄なものはありませんし、近場で生活をするようになると思えば、温暖化とかも影響ないのではないでしょうか。

これ以上、これ以上の生活を続けていっても限界があると思いますがどうでしょうか。金持ちの家に生まれた子供はそれなりの教育を受け、それなりの名声があるので、よっぽどのことがないかぎりは、将来は重要な位置を約束されたのも当然でしょう。

一方、一般市民の者は大変な苦労が無いと一生かかっても重要な位置に入り込む事は非常に難しいのでは無いでしょうか。いやそれを乗り越えてこそなのかもしれませんが・・・

そういった事から戦後から比べるとよりいっそう格差が出てきているような気がしてなりません。

私は滅私奉公で偉い方に献上するために生まれてきたのではないので、必要最低限以上は働かないつもりですし、子供も必要ありません。もし自分の子供がいれば自分と同じ苦労を味わい切り開いていくと思うと不憫でなりません。

そんな人が多くなりつつあるのかどうかわかりませんが、日本でも出生率がだんだんと悪化していっているみたいなことは聞きますが・・・

お偉い方は分かっているらしく、将来外国人労働者を受け入れるみたいなことは耳に入っています。

ああ世の中は選ばれた人だけが裕福に暮らして、搾取されていく人は一生、いやこれから先ずっと続くと思うとやりきれない思いになります。

いっそ割り切って生きていくのもいいかもしれませんが、そんないやな連中のために過ごしていくのはまっぴら御免です。

もっと自由な世の中にならのないのでしょうかねぇ
みなさんはできるだけ安く購入できれば良いと思いますが、私もそう思います。
企業努力で安価で購入できるのは非常に喜ばしい事ではありますが、世の中には定価で表示されているものから交渉すれば安くなることが少なくありません。
私はこうした行為がやっかいに思えてなりません。

定価というのは一体なにものかと考えてしまいます。定価から安く購入できたらその差額は誰かが損するはずではないかと感じているからです。ですから私は提示価格より安く交渉するのは避けています。(交渉が苦手という側面もありますが)

じゃあ定価で買った人と安く購入できた人が出てきますが、この人たちの差はいったいなんなんでしょうか?安く購入できるところを探してきた人はその努力に見合う対価として思えばなんてことありませんし、交渉した人はその努力を対価として思えばなんてことありません。

逆の立場になって考えてみると、やっぱりできるだけ高く売れれば越したことはありません。それに自分が売る場合は高く購入してくれれば嬉しいです。

みんながみんな定価でやりとりを始めると、販売しているところの利益があがるのではないでしょうか、またそこが取引しているところも提示価格で取引ができれば利益が上がるのではないでしょうか、そうした利益があがればそこで働いている人達は給料があがるのでは無いかと思いますし、給料が上がれば買い物がしやすくなり、わざわざ安く交渉することもなけば、生活に余裕ができて高額なものも購入できるのではないでしょうか。

といいことずくめのようなループになりそうですが・・・・どうなんでしょうか必要なものを必要な分だけ買えばそんなに難しいことには思えませんが、私ひとりで活動しています。

ただ嫌なことがあるのです。それは他者から定価で買ってバカだなぁとか言われると非常に辛いです。高額な商品になればなるほどです。でも最近はそんな事は気にしないように”それだけの値打ちがある”なんて思うようにしています。

買うというのは経済活動とおもっています。定価で自分に見合うものを身の丈にあったものを購入していけば安さだけの魅力の商品などが目に付かなくなり、自然にそういった物は避けてしまいますが、良い商品を安価な価格で提供されている企業がもっと多くなればいいとおもいます。
今の食生活に疑問を持って数年。
比較的に調理道具・調味料があまり必要でなく、調達する材料も安価で手に入りやすく応用が利く料理は何かと自分自身で探していました。
洋食より和食の方が脂っこくなく、毎日飽きずに食べられるのではないかと思いますが、ちょっと前にはパスタ料理が最有力候補でした。

そんな中、ふと日本古来(中世以前・・・江戸時代・室町時代ぐらい)で食されてきたものは何かと調べてみた。私のイメージとしてはマンガ日本昔話に出てくるような囲炉裏の真ん中につるされている鍋からおわんにつがれているアレです。
名前がぜんぜん分からないので、武士の食事とか農民の食事とかのワードを使っての検索していましたが、いろいろ読んでいるうちにどうやら”カテ飯”という飯を水増ししたような調理方法ではあるが、汁状のものでは無く米を炊くときに色々と野菜を混ぜるような感じでしたので、汁をキーワードにして検索してみると出てきたのが、だんご汁。

大分名物だんご汁は小麦粉を練ってだんご状もしくは、それから伸ばしてだし汁と野菜を放り込んで味噌で味を調えると私の理想と一致したものであった。

このだんご汁のだんごを米にしていけば、なんだか理想の形になりそうなので、しばらく出汁の素とみそ、そして野菜類を安価で手に入れられるかどうかを調べる必要がありそうです。

しかし・・・・現在住んでいるところがプロパンガスなので、正直ガスを使っての長時間の煮込み料理の回数が増えてしまうとガス料金が一気に跳ね上がりそうなので、そこは省エネタイプの電気ポットを利用して少しでもガスの利用を少なくすることで抑えられるのでは無いかなと安易に考えています。

気になる私が行き着いた先・・・小麦粉料理のレシピ『大分名物団子汁』



今日、近くのスーパーマーケットで金チャン焼きそば復刻版なるものが売っていたのでインスタント食品が大好きな私は買ってみることに。普通のカップ焼きそばより幾分も小さいので満腹感はあまり得られそうではないのですが食べた感想としては、ほぼ一瞬で食べ切れてしまうのですごく物足りない。だけど麺のぷりぷり感と粉末ソースが意外にスパイシーなので味的には◎でした。ちょっと徳島製粉製のカップ焼きそばの通常サイズが無いか探してみようと思わせる一品でした。
Template by Crow's nest 忍者ブログ [PR]