じじいみたいなぶろぐ 未選択 忍者ブログ
じじいぶろぐですじゃ。よろしくでごじゃります。
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。





職場でも家庭でもパソコンを使用することが多いので、自然にタッチタイプらしいものができますが、本ソフトでチュートリアルをやってみると・・・そうやら私は人差し指7割、中指2割で薬指と小指で2割をタッチタイプしているっぽいので、ステージ2から先に勧めることが非常に困難です。

どっちかというと入力するワードを頭の中で作り上げてタイプするのは容易ですが画面をみながら、キーボードを入力するのは大変なのでPC初心者を10年続けていますが初心に戻って練習に励みます。

どうしてこのソフトを選んだのかというと、タイピングソフトは飽きずに続けていくことで効果が上がりそうなので元がシューティングソフトなのでゲームとしての品質が非常に高いのとただ単にセガマニアだからでしょうか。

セガPCの公式サイトにあるダウンロード販売サイトのリンクを見てみると楽天がキャンペーン価格の2,000円ポッキリで一番安かったので購入しました。

あと非常に気になっていたのがソニックアドベンチャーのダウンロード販売です。販売しているのはDMMというサイトですが、なにより隠し要素のゲームギアソフトが気になります。ソニックアドベンチャー自体はドリームキャストでプレイしたことがあるので多分大丈夫ですが、当方ノートPCなので動作が非常に心配です。だからゲームギアのソフトぐらいなら難易度と動作についてはいいんじゃないかなと思います。
PR
私が自動二輪の免許を取得してすぐに乗り始めたのがネイキッドタイプのバイクであるので、いい練習台にはなりましたがこれから真剣に二輪車と付き合おうと思ったらやっぱり”ツーリング”がはずせない条件の一つです。

どんなツーリングをするのかにもよりますが、私としては山あり谷ありそして、それらを中継する街だったりと。
とにかく高速道路で距離を稼ぐロングツーリングより、どっちかというと中長距離をメインととした林道込みのネイチャーフィールドって感じのツーリングを目指しているので・・・

次に購入するバイクは一般的に言うところのデュアルパーパスもしくはトレッキングバイクがジャンルになります。

最近は燃料費の高騰もあり、雑誌とかにも二輪車と自動二輪の免許の広告が目に付くようになったので、今狙い目の車種がありますが、これから1~2年まてば競争が激化して多種多様なマシンが登場して、それによってバイカー達の選択肢が増える可能性も否定はできませんが・・・

気になるバイクの一つでもあるセロー225は生産中止になってから月日もかなり経過しますので思い立ったが吉日買い替えも一気に検討してもいいかもしれないが、それなりの車種なので実際目にしてから購入を決めたいのと、やっぱりこういった車種は使うことがだいたい決まっているので酷使されてすごく傷んでいそうなのでできれば新車って気持ちもありますが、使ってナンボ。多少ボロっちい方がかえって大胆に遊べそう気持ちもあり、中々複雑なところです。

今乗っているバイクは新車ですが野ざらし駐輪で、下駄みたいに使っていますがやっぱり林道とかみると突っ込みたくなるのと、積載性が悪いので大きな荷物はかなりしんどい以外は燃費・タンク容量も◎なので不満はありません。

ツーリングの形も人それぞれなので、これがオススメとかは決めかねますが、現在の私の心境としては”どこでも走れる”系が非常にオススメです。
持たない暮らしを実施したいですが、今あるものを捨ててドンドンと持たない暮らしに向かっていこう・・・と思っても実際問題これはどうやって処分するのだ?とか粗大ゴミの日は知っていてもなかなか捨てに行く余裕が無かったり、途中でしんどくなって捨てるのをやめたり。

なんか部屋の中にパソコンのゴミ箱みたいなものがあって、そこに一旦捨てておいて本当に必要が無かったら完全消去って簡単に手持ちの物を処分できたらどんなに楽でしょうか。

やっぱり物を増やさない生活が先決ですね
最近の物価の上昇というものは、少しずつ我々消費者の体力を削っていくかのごとくですよね。ドバーンと物価があがれば考え方も変わるというのに・・・

そもそも物を売る側としては、原材料・諸経費がかかるだけでそんなに頻繁にあげられるものでしょうか?私が思うには価格競争が非常に高くなったために商品の価格を限界まで下げて販売していたのでしょうか。だから少しでも原価が高くなった場合に儲けが取れなくなり、結果販売単価を上げることになってしまってるのではないでしょうか・・・

じゃあ価格競争に負けた者は市場を去るわけですが、残った者が限られた者であればあるほど結果的とはいえ寡占状態になれば、消費者は嫌々価格上昇についていくしかなりますよね。

でもそもそも、そういった状態を作り上げたのは”できるだけ安く良いものを”を求めた側とも受け取られます。特に前半部分の「出来るだけ安く」というのは一番消費者としては厳格に求めているように思えます。

私はこれからの生活で必要な時に必要な物を必要分だけ購入するようにしようと思います。価格は定価を原則として。だって自分が売る側としては定価で売れればそれだけ儲けになりますよね。だけど世の中には「もっと安く買えるのにバカだなぁ」と揶揄されるかもしれませんが言いたい人は言えばいいし、私の考えを押し付けようとは思いません。

私は定価で購入しますし、私の販売するものが定価で売れれば売る人も買う人もみんなハッピーじゃない?と思うのは簡単すぎる考えなんでしょうか・・・
デビット「ドナちゃんワ~オです!」
って言いたくなりますが、楽天市場でキャンペーンをしているらしくて海外ドラマなんたらと読んで思い出したのが、ビバリーヒルズ高校白書・青春白書です。

「ジャジャジャジャ~ジャジャジャジャ~チャッチャッチャ」の出だしで始まるメロディが脳裏を横切ります。

まあ私が始めて海外ドラマにはまったキッカケかもしれませんが、古くは冒険野郎マグガイバーとかナイトライダーとかも好きでしたが、ビバヒルがすごく長いシリーズなのは覚えていますし、なによりドラマのメンバーが色々と入れ替わりが激しくまた、それぞれが個性的です。

しかも、ビバリーヒルズといえば高級住宅街でも有名なので簡単にいえば登場人物は皆おっぼちゃまですので、着ているものから生活スタイルまでやっぱ金持ちは違うわね~って気分にさせてくれます。私の個人的にあこがれているのはディラン。かっこよすぎます。こんな漢になりたいです。ハイ。

男ならやっぱり目が行くのがケリーさんでしょうか・・・私好みですハイ。
詳しく知りたければ見るべし見るべしですね。今の時代はなんでもWikipediaだよりなので(私も)、やっぱり百聞は一見にしかずじゃないけどオススメします。


Template by Crow's nest 忍者ブログ [PR]