じじいみたいなぶろぐ 未選択 忍者ブログ
じじいぶろぐですじゃ。よろしくでごじゃります。
[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ワインは飲んでみたいのと、いつのまにか毎年の話題にのるボジョレーヌーヴォーとやらを一度は試してみたいです。

しかし、一人身なのと、気のおける友人も居ない、そしてなによりお酒はあまり強くないので、飲み残してしまうと味が落ちそうなワインをどうやっても一本あけれないので、毎年買うことができずにいます。

500mlぐらいのものがあればチャレンジしてもいいですが、探してみても調理用のワインビネガーだったりと悲しい思いがします。

みんなでワイワイとワインを開けるというよりもグラスを傾けながら、いい音楽かいい映画をみながらまったりと時間を過ごしてみたいです。

で実際にワインを楽しむのは何がいいのでしょうか?
チーズと肉料理しか思いつかないですが、なにかとオシャレな感じがプンプンして私には程遠い存在なので、一度本場に旅行して一般家庭の楽しみ方を知ってみたいです。

酒!だったらなんにでもあう。そんな感じがするオッサンの独り言でした
PR
ハロウィンはいわば収穫祭。
日本には古来から秋祭りが残る地方もありますので、重複するような行事は如何なものとは思います。
行事ごとに関して言えば日本人はどうしてこう好きなのでしょうか?
かく言う私は横目で見ながら実は羨ましかったりしていますが・・・


一体だれが仕掛け人になって何を思って広めようとしているのか謎が残りますが、そんな堅苦しいことを抜きにして、純粋に物事を楽しむのが一番素直で良いかもしれません。

で実際に何をやるのか?
いや私も良く分かりません。

仮装パーティをしたり、子供が返送して各家を回ってお菓子をくれないと帰らないぞ!となまはげの行事にちょっと似ているのが印象です。

そして一番思うのは、収穫祭なので都市でするよりも地方の田舎町(農村)でハロウィンを行うのが理想のような感じがしますし、雰囲気もグッと良くなるのではないでしょうか?うまくいけば地域おこしにもなりそうですし。

で準備といえばカボチャではないでしょうか、やっぱり。
あとはろうそくも入りますね。
自称鍋代官と言われる私ですが

数々の鍋料理を経験しました。

国内はもとより、西洋風(トマト・コンソメ味)、東洋(チゲ・キムチ・カレー味)などと流行をからませつつ色々と試し、味わい続けていました。

どちらかというと鍋料理は一人から、大人数まで対応できますし、かつ”野菜”をたくさん頂けるのと主食(ゴハン)が必要ないぐらいボリュームがあるので暑い夏でも時々頂きます。

タイトルどおりオススメというか、行き着いた鍋は・・・・



水炊き です。


まさにキングオブナベな感じがします。
やっぱり日本人はさっぱりポン酢で頂くのが王道。
具も鶏肉(だんごもアリ)もしくは白身魚なのでヘルシーです。
お野菜はこちらもベーシックなものをチョイスするのが決め手です。


奇をてらったものも面白いけど、最近は常食していますので飽きずに食べれますし
体(胃腸)が弱ったときでもあっさりしていて消化にいいように煮込む時間を増やして、ややドロドロ風にするのがオススメです。

最後はやっぱり雑炊ですが、直後に食べるより翌朝食べるのがベストだといまだに思っています。


我が家自慢の鍋料理を教えてください!

http://trackback.jugem.jp/trackback/232


紅葉を見に行こうよ!

なんてつまらないダジャレをかましていますが、紅葉スポットは探せばかなりありますし、個人的にここはいいんじゃないかなぁとコッソリ楽しむ人もいます。

私が一番大好きな紅葉(といっていいかどうか)を楽しむ場所は某道路の銀杏並木です。おそらくどこの市内在住の方でも、どこかには存在していると思うくらい桜並木に続くポピュラーなスポットだと思います。

秋の澄んだ青空に黄色の色が咲き誇っている様子は、ワンシーズンに2~3回は用も無いのに通り過ぎたりします。しかも、銀杏の葉が散って道路が一面黄色のじゅうたんみたいになるのもお気に入りです。

夜桜はよく聞きますが、いまだに夜銀杏は試したことがありません。夜は寒いのであまり出歩きたくないですが、まだ色づいていない銀杏並木に街灯があるかチェックしてみます。

銀杏以外では、山の中にあるポツンとある真っ赤な紅葉みたいなのが好きです。
秋が終われば、もう冬ですか・・・・


トラックバック元
ココログ「今年の紅葉どこで見る?」
ありますよ。ええ。

だって普通に生活していて一生に一度くらいは結婚生活・自分で築いた家庭は欲しいです。どうなるかわかりませんがとりあえず経験として結婚はあこがれています。

いい年して、独り者でいると周りの目が冷たいうちはまだマシなほうですが、奇異の目もしくは”なにか近寄りがたい目”で見られるから困ります。

だって自分としては人生を謳歌しているつもりでも、他人からみればカワイイソウとなり、なんか損した気分。

いっそバツイチのほうがすがすがしい世の中にも思えますので、相手さえいれば、いますぐにでも結婚してみたい。

私とだれか結婚してみたい人いませんか?

ああ、これは乙女が恋をするのに恋するのと同じ原理なのかもしれません・・・
Template by Crow's nest 忍者ブログ [PR]